女医と看護師

尿漏れ治療を始めるなら医者に相談しよう|尿のお悩み改善ナビ

尿の問題は病院で解決

2人の女医

年をとると尿のキレが悪くなったり、頻尿が起こったりと、泌尿器に問題が出てきます。デリケートな問題ですが、健康的に排尿ができないと普通の生活が送りづらくなるので、積極的に新宿の泌尿器科を利用しましょう。泌尿器科を受診する理由は人それぞれで、最初に挙げた症状以外に、尿漏れや前立腺がんの検査、下腹部の違和感などがあります。中でも特に多いのが尿失禁に関する問題です。これは女性の受診率が高く、症状がひどくなってから受診する場合が多い傾向にあります。尿失禁は自分の意思に関係なく尿が出てしまうので、くしゃみや咳など軽い衝撃でも失禁してしまいます。さらにひどくなると笑っただけでも失禁する場合があり、精神的にも非常に辛いものです。この尿失禁は加齢のせいだけではなく、出産を期に起こる場合もあるので、若い人にも関係ない症状ではありません。尿失禁が起こると、外に遊びに行くのも嫌になり、人との接点もなくなって塞ぎがちになってしまいます。健康的で明るい毎日を過ごすために、尿失禁は早めに新宿の泌尿器科でみてもらうべきです。新宿の泌尿器科で尿失禁を治療する際、いくつかの質問事項に答えます。質問票によって自分の状況を客観的に見られる上、診断でも役に立つのです。また、尿失禁は膀胱がんなどの初期症状の可能性もあるので、エコー検査や尿検査、血液検査など入念な下調べを行ないます。これらの検査はどれも痛みがないので、安心して新宿の泌尿器科に相談にいきましょう。