女医と看護師

尿漏れ治療を始めるなら医者に相談しよう|尿のお悩み改善ナビ

病気を未然に防ぐ

女性医師

泌尿器科とは、尿や性病に関する症状を治療している印象がありますが、実はもっと幅広い診療を行なっています。前立腺の問題や膀胱、腎に関する問題など、泌尿器科での治療対象となる体の器官はたくさんあるのです。
最近日本人の死因で多いのがガンですが、代表的な大腸がんや乳がん以外にもがんにかかりやすい場所があります。それが、泌尿器に関わる器官です。腎がんや膀胱がん、前立腺がんなど、病気にかかるリスクは高いのです。新宿の泌尿器科では、このようながんの診断や治療を積極的に行なっています。主な治療方法は、手術によって病巣を断つ外科療法と、放射線を利用した治療法です。放射線療法では、放射線を直接がん細胞にあてて死滅させることができます。また、泌尿器科では外科的な治療以外に薬物療法も行なわれています。この時使われる薬剤は、癌の種類によって変わってきます。前立腺がんには内分泌系の治療薬を使って、ガンの転移を防いだり、他の治療法と組み合わせたりして治療を行ないます。また、新宿の泌尿器科では病気になる前の検査も幅広く受け付けています。採血によってタンパク質の一種を検査し、癌になるリスクが有るかを精密に調べることができます。この検査にかかる費用はおよそ二千円から三千円程度で、そこまで高いものではありません。検査は新宿の泌尿器科だけではなく、他の自治体でも実施されているので問い合わせてみましょう。新宿の泌尿器科は、人々の病気を改善するために様々な取り組みをしています。それを上手く活用して、病気を未然に防ぎましょう。