女医と看護師

尿漏れ治療を始めるなら医者に相談しよう|尿のお悩み改善ナビ

早めの検査で自分を守ろう

ナース

現在は昔と違って恋愛には自由が約束されています。親に束縛されること無く好きな人と恋愛を楽しめるのです。しかし、恋愛を自由に楽しむ上で、注意することもあります。それは、性の病気にかからないように心がけることです。性病は男女が性交渉をして初めて、かかるリスクが高まります。一度かかってしまうと、主に泌尿器に影響があり、トイレに行ったときに痛みで上手く排泄ができないなど様々な症状が現れてしまいます。性病にかかった場合、病院の何科を受診するべきなのか戸惑います。基本的に埼玉では、女性は産婦人科、男性は泌尿器科を受診します。これは必ずというわけではないので、女性が泌尿器科を受診しても良いのです。埼玉の泌尿器科で検査を受ける場合、最初に尿検査を受けます。その後必要があれば血液検査を行ないます。検査によって症状の特定をした後、適切な薬が処方されます。埼玉の泌尿器科の性病検査は、病院の規模によって日数が変わる場合があります。大きい病院の泌尿器科は検査に一週間要する可能性があり、小さいクリニックなどは基本的に三日程で検査結果が判明します。早めに検査結果が分かれば、素早い治療ができるはずです。また、性病の種類によっては投薬をせずに注射のみで治療がすんだり、通院一回ですむ場合があります。
性病を恥ずかしいからと放置するのは危険です。埼玉の泌尿器科では、患者のプライバシーをしっかり保護して、カウンセリングや治療を行なうので、性病で通院していることが周囲に気づかれる心配もありません。